食事の時間に気をつけるだけで効果アリ


ダイエットが必要と感じるようになったのは、通勤服がきつくなったと感じ始めたからです。

転職してから仕事が忙しく、定時の18時で帰ることはほぼなく、帰宅するのが22時近くになることも多くなりました。
睡眠不足のため、朝は通勤前のギリギリまで寝るので朝食は抜き、昼は忙しくてほとんど食べる時間がなく、
帰ってから一日分の食事をまとめて摂るような生活を数年していました。
忙しさのあまり自分のことに向き合う時間もなく、体重計に乗ったり、全身鏡を見たりすることもしていなかったのですが、
服が苦しいことに気づき始めました。
パンツの太ももがパツパツになっていたり、スカートも上の方で履かないと苦しかったりしたのです。

仕事は大変でしたが好きな服装で通勤できたため、自分なりにお洒落を楽しむことができていました。
しかし、服をスマートに着こなせていないことが分かってきて、実際に体重計に乗ると前回計った時と比べて5kgほど増えていました。

この数年で、食事をとる時間帯が変わったことは明らかだったので、まずはそこを改善しようと試みました。

まず忙しくてもお昼はしっかりご飯を食べるようにして、心と体にきちんと栄養を届けるようにしました。
そして定時を過ぎて残業に入る前に、スープとパンなどの食事を摂るようにしたのです。
お昼にたっぷり食べているので、18時にはそれほど量は入りません。

そして帰ってからは何も食べず寝るようにしました。
そうすると朝はお腹がすいて起きるようになり、短時間で用意できる、グラノーラやバナナ、りんごなどを食べるようにしました。
毎日7時、12時、18時に食事時間を決めて、それぞれのボリュームを2:6:2のバランスで摂取するようにしました。

もちろん、きっちり行うとストレスになるので、ゆるく続けていきました。
するとみるみるうちに体重が元に戻り、3ヶ月ほどで5kgのダイエットに成功しました。
食事の時間に気をつけることは重要だと身を持って経験しました。

カーブスでダイエットできました


私が5キロのダイエットに成功したのは、30分フィットネスのカーブスに通ったからです。

カーブスは、マシンとその場ステップの有酸素運動との組み合わせて、脂肪燃焼効果を高めてくれます。
成功したのはきっと体の痛みがなかったからだと思います。
私はいつも自己流で腹筋やエクササイズをしていたのですが、次の日には腰痛になっていました。
カーブスはひとつのマシンがすごく短いので、体の負担がありません。
そのかわり短期で痩せるということはないかもしれませんね。

どちらかというと50代以上の女性が多き感じです。
定年後に仕事をやめて太ったからといって入会する方が多いです。
家事ばかりではどうしても動く量は少ないです。

私は仕事がパソコンの在宅勤務なので、同じ姿勢で6時間以上作業していて冷え性にもなっていました。
少し運動すると体が温まるのがいいです。
寒いときにウォーキングすると血圧も心配ですが、室内で動くので安心感があります。
きついと毎日続かなかったと思います。
リバウンドしないのがすごく魅力なので、これからも続けようと思います。

私が通ったのは1年ちょっとですが、3年以上通って10キロ減量したという方もいます。
あまり痩せることに重点をおいていなくて、健康な体を作るというのが一番のクラブです。
コーチもやさしいのであまり厳しいことは言われません。テレビなど見ているとスポーツクラブはすごくきつい気がしますね。
人と話すことも大切だと思いました。

産後太りのダイエット成功は友人のおかげ!


出産後、体重を妊娠前に戻す事ができず、授乳をやめたら更に体重は増加する一方で、今まで生きてきた中で体重の最大値を更新してしまいました。
これではいけないと、流行りのダイエットに手を出してきましたが本当に続けられなくて、リバウンドを繰り返すばかり。
こんなでは、多分一生痩せられないと諦めもはいっていました。

そんな時、同じ時期に出産して同じ悩みを持っていた友人がダイエットに成功したんです。
妊娠前よりもスッキリ痩せてスタイルも良くなり、綺麗になっていました。

その姿を見たら、ダイエットするぞ!と意欲が沸いてきて一念発起!

特にダイエット商品なんかに頼らず、ひたすらランニングと食事制限でダイエットを頑張りました。
そして、3ヶ月で妊娠前の体重に戻す事が出来たんです!

今までどんなに色んなダイエット法を試してもダメだった私が、たった3ヶ月でダイエットに成功。
身近な人のダイエット成功の姿って、ものすごく自分に影響を与えるんだなと実感しました。
どんなに苦しくなっても、友人の姿を思い出すと負けてられない!と頑張れましたから。
このダイエット成功は本当に友人のおかげだと思います。

今では、一緒に服を買いに行ったり水着を選びに行ったりと、ファッションをものすごく楽しんでいます。
夫も女性としてまた見てくれるようになり、夫婦仲も良好になりました。
ダイエットって成功すると、こんなに良い事がたくさんあるんだなと改めて実感する事が出来ました!

ダイエットはずぼらなくらいがちょうどいい!


最近体重が気になってきた……痩せなきゃ……。
ダイエットは女性にとって永遠とも言える悩みの種のひとつですよね。
しかしモチベーションが長続きしない、痩せてもすぐリバウンドしてしまう、など一筋縄ではいかないのが現実です。
そんなあなたにお伝えしたいのが「ずぼらダイエット」です。

体重を落とそう! と決意した人にありがちなのが、目標を高く持ちすぎることや、1か100かで少しの失敗を許せない意識の高さ。
そういった人は、我慢していた間食をしてしまった時、運動をサボってしまった時などに、
途端に心が折れて食生活がダイエット前と同じ量に戻ってしまったり、
運動をやめてしまいがちです。
しかしダイエットとは、長期継続して行っていくべきことです。これから長く続く戦いの中で、
少しの失敗や気の緩みで挫折してしまっていてはいつまで経っても理想のボディは手に入りません!
ダイエットの失敗の多くは、内容よりも本人の意識の問題であることがとても多いのです。
「ずぼらダイエット」とは、そんな意識の改革によく効くダイエット。
難しい方法は何ひとつありません。ずぼらダイエットとは、簡潔に説明すると「許すことと、やめないこと」です。

具体的な例
・我慢できず暴食してしまった時は「明日から頑張ろう」と後悔をしないようにする。
おいしいものを食べた瞬間は確かに幸せだったので、振り返ってはいけません。
人間の体は一日のカロリー摂取量上限をオーバーしてしまおうとも、翌日少なめにしてしまえばカバーが可能。
例えば「1日1600Kcalと決めているのに2000Kcal摂取してしまった」という時は、2日分の摂取量上限=4000Kcalをリミットと考え、
翌日に調整すれば問題なんてないのです。
・運動をさぼってしまっても大丈夫。一度のサボリで辞めてしまうことこそ、、
これまで続けて減った脂肪や身体についた筋肉がすべて元通りになってしまいます。何日休んだって構いません。
気分が乗ってきた時に、再び再開しましょう。辞めてしまうよりずっとマシです。

このように、とにかく自分を許すこと、そして何度許しても絶対に継続すること……
これこそが、短期的に体重を減らしリバウンドをしてしまうダイエットではなく「痩せやすい身体を保っていく」ダイエットの在り方。
ストイックに考えている方も、「まあいいか」が許されると思えば、少し気が楽になって来ませんか?
適度に妥協もまじえながら、理想の身体を手に入れましょう!

朝食のカロリーを大きく落とすダイエット


数年前から体重がかなり増加していることが気になっていたので、食事を置き換えるダイエットを始めました。
最初は「低カロリー雑炊」を食べるようにしていましたが、夕食に雑炊を食べるのは食事の満足度が大きく低下してしまうので、朝食を改善する事にしたのです。

朝食はあまり食欲がないので食べないこともありましたが、食べないでいると昼食まで空腹感がかなり厳しく感じてしまうので、
途中で菓子パンやドーナツ、アメリカンドッグなど、カロリーの高い食べ物を食べてしまうことがありました。

そのため、朝食をしっかり食べてその後の間食を無くすことが大事だと考えました。
そこで選んだのがヨーグルトとバナナをメインとした低カロリーの朝食ダイエットです。

基本とするのはバナナを食べることであり、トッピングでヨーグルト、プリン、低カロリーなゼリーなどを少しばかり食べるようにします。
これでも空腹の時には、コーンフレークなどをヨーグルトに混ぜて食べます。

オールブランなど大麦の食品を加えると腹持ちが良くなるため、その日の空腹感に応じてシリアル類をバランス良くトッピングします。
このように、バナナとヨーグルトを中心に食べるようになると、腹持ちが良くなり昼食までに食べるカロリーは格段に減ったように感じます。

また、昼食を食べる際にもそれほど空腹感を感じないので、昼食の食事量も減ってきているように感じられます。
そのため、1日トータルのカロリーは確実に減少している状態が続いています。

体重の変化は、最初の2週間で2キロ程度はすぐに落ちるのですが、それ以降は上がったり下がったりを続ける微妙な感じになっています。

全体的にキュっと上げたい


少しずつ色んな場所が垂れてくるのは仕方ないとは思っているんです。
でも、食い止めるまでは行かなくても、進み具合を少しでも遅くしたいじゃないですか。
体全体をダイエットして絞れれば、それに越したことはないんですけど…。
やる気が続かないんですよね。
直ぐに諦めちゃうと言うか、運動も食事制限も直ぐに忘れちゃうんです。
習慣にするのが一番なんすけど、習慣になるまでにはやっぱり最低でも一週間は続けないとだめですよね。
一時期半身浴をしていたことがあって、それだけは気持ちが良いので続いていたんです。

でも、半身浴はダイエットには効果的でなくて、そのうえ体にはあまり良くないと言う情報を最近よく耳にするようになったので、止めてしまいました。
せっかく続いていたのに、効果が無いと言われるとションボリです。

体重は少し減少したはずなんですけど、あれはなんだったのか?と今でも不思議です。

下がって行くお肉を上げるには、その部分を支えている筋肉をあげれば良いようなことをきいたので、今はお風呂場で顔の表情筋のマッサージをしています。
頬の辺りに、効き目は少し出て来ているように思うんですけど。

ジムへ行くとかヨガをするとか、新しいことを始める勇気がないので、一日3kmを目処に歩くことと、
一日に何杯も飲む珈琲にお砂糖を入れないこと、夕飯にご飯を食べないことだけは、何とか続けています。

〇〇ダイエットというのが、続かないのは自分自身が一番よく知っているので、
一目瞭然に効果が出なくても、しないよりはマシかな?って考えるようにしています。

糖質制限ダイエットで4ヶ月で5kg減


昨年の5月頃、体重をはかってびっくり。過去最高体重を更新しているではないですか!

私は身長155cmでそれほど背が高いわけではないのに、体重はなんと60kgに……。
学生時代の体重は52kg。社会人になってからストレスのせいか、お菓子を食べる量が増え、どんどん体重がふえてしまいました。

これではマズイ、と思っていた時。テレビでダイエット特集をやっていました。
一番目を引いたのが「やせるおかずダイエット」
この本を書いた著者は、50代の女性なのですが一年で26kgの減量に成功、その後もリバウンドしていないというのです。
太っているころの写真と現在の写真を見比べると、まるで別人でした。

私も中年女性。とても興味がわきました。
この「やせるおかずダイエット」は、厳しい食事制限がある訳ではありません。
ごはんやパンなど、糖質の含まれるものを制限し、その代わり、卵や肉、乳製品などをたっぷり食べるのです。
糖質が含まれないチョコレートなどのお菓子や、ワインもOK。
食事を抜くダイエットや激しい運動をするダイエットはつらかったりひもじい思いをしますが、
この「やせるおかず」ならやっていける、と思いました。
さっそく、本を購入してダイエット開始。
このレシピがとてもよく考えられていて、とてもおいしいのです。
なので、あまり「ダイエット」という気分でもなく、楽しくおいしく続けることができました。
ふつうにおいしいメニューなので、家族にも嫌がられることなく、続けることができました。

結果は4ヶ月で5kg減。
つらい思いをせず、するするとやせられたので、とてもオススメです。

5時以降は食べないダイエット


友人がすっとスリムになっていたので、「どんなダイエットをしたの?」と聞いたところ、夕方5時以降は食べないダイエットをしたと教えてくれました。

夜、会社帰りに食べに行ってしまうことも多いのですが、最近は残業が多かったので、特に飲み会の予定や食事の予定もいれていなかったので、
このダイエットにチャレンジすることにしました。

ダイエット初日。ランチをドトールのサンドのようにいつも軽いものにしていたのですが、
定食的なご飯、汁物、おかず、漬物、サラダというようなメニューに変えました。
お昼ご飯をしっかり食べると不思議と5時くらいになってもさほどお腹が減らず、
その日は残業もなかったので自宅のマンションにまっすぐ帰宅しました。

会社では人の目もあるし、比較的食欲を我慢しやすいのですが、ホッとした自分だけの空間は誘惑にまけやすいということを痛感した瞬間でした。
5時まで何も食べていないので、お腹が減りまくり、友達にLINEをで「お腹が減りすぎなんですけど」と書くと「夕飯を早めに食べないとだめなの!」と返信。
なるほどね、夕飯を抜くわけじゃないのねと、その日は6時過ぎていましたがとりあえず軽めの夕ご飯で済ますことにしました。1日目。完全に失敗。

そして2日目。この日はあげなくてはいけない企画書があったので、とりあえず会社で残業をして済ましてしまうことにして、
5時に食堂スペースまでおりていって、コンビニで買ってきたおにぎり弁当をかきこみました。
8時くらいに小腹は減りましたがなんとか持ちこたえて帰宅。疲れていたので、お風呂に入ってすぐ寝てしまいました。
すると次の日なぜかお腹周りがすっきり。夜早かったので、朝食も美味しく食べることができます。2週間で2キロも痩せてしまいました。

とりあえずこのダイエット続けてみたいと思います。

やはり運動しなければ痩せません


高校時代は何を食べても太らず、細いことが取り柄だったのですが、就職後美味しいものの誘惑に負け3kgほど太ってしまいました。

もともとうどんやラーメンなどの炭水化物が好きだったこともあり、
自炊をしても簡単な麺類を食べて満足したり外でもパンやラーメンなど炭水化物中心の食生活をしてしまい、
またお菓子が好きなので仕事の帰りにコンビニに寄ってお菓子を買って食べてしまうことが多く、食生活も改善しなければなと思っていました。

その時に行ったダイエットは、食事のカロリーを抑えるということでした。

お昼ご飯にパンやおにぎりを買っていたのをおでんとサラダに変えたり、帰り道にコンビニに寄るのをやめたりなど、
自力で頑張れることだけをやった結果、体重を減らすことはできましたが足が細くなったり、
ウエストが細くなったりなど、目に見える結果は出なかったように思いました。

やはり運動もしなければいけないなと思い、少し遠めのスーパーまで自転車で向かったり、
眠る前にストレッチをしたり、ちいさなことですが運動を毎日取り入れるようにしました。

すると、顔まわりの肉が少し落ち、だんだんと足やウエストの肉も落ちてダイエットに成功することができたような気がしました。

気をぬくと炭水化物中心の食事になってしまい顔周りに肉がつくことが多くなってきているので、
たんぱく質を多く取るようにすることや、運動を心がけることで体重を50kg代にのせないように気をつけています。